◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆

おせち料理の由来

◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆
◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆


おせちは、田の神様を呼び戻すために祝う節句の一種と言われています。

おせちがなぜ作り置きの料理なのかというと、作り置きの料理をお重に詰めることで、神様がやってくるための台所を騒がせてはいけないという説、また別の説では女性を正月三が日休ませるためという解釈もあり、諸説様々です。

1年間の縁起担ぎの意味もあり、おせちの中身には縁起が良いとされる料理が数々詰められています。

例をあげてみると、おせちに欠かせない、数の子。

数の子はニシンの卵です。
そして、一粒一粒がニシンの卵になっており、これを正月に食べることにより、子孫がより多く生まれ、家が繁盛するようにという願いを込めて入れられるものです。


◆・.。*†*。.・◆・.。*†*。.・◆

・‥…━━━☆━━━☆・‥
ウンチクTOPに戻る[*]
TOPに戻る[0]
・‥…━━━☆━━━☆・‥

(C)正月おせち2011
since.2008